口コミで評判の注文住宅業者@東大阪
理想のマイホームを東大阪で手に入れるための注文住宅業者ガイド
HOME » 注文住宅購入の基礎知識 » マイホーム計画を立てる心得

マイホーム計画を立てる心得

家族一人一人の希望を聞き取って、皆んなが満足して暮らせる設計プランを立てるのも、マイホームを建てるうえで大事なことです。本音でたっぷりと話し合い、家族の気持ちを共有して、悔いのない計画を立てましょう。ここではそんな、マイホームプランのまとめ方を説明していきます。

現状の暮らし方と家族の希望を把握

最初に、家族のライフスタイルを見直します。24時間、1週間といった時間単位の中で、どの部屋にどれぐらいいるかを家族に書き出してもらいましょう。厳密に書かなくても、大体で大丈夫です。全員のタイムテーブルを照らし合わせると、家族全員が揃う時間帯や、一人一人の過ごし方がわかります。

それから、新居に対する希望をそれぞれ書き出した「希望シート」も作りましょう。タイムテーブルと希望シートをもとに、家族が満足できる家の基本イメージを固めます。

現時点の希望と同時に、家族のライフサイクルについても考えましょう。小さい子供も、成長すればプライバシーが保てる空間が欲しくなるでしょう。もっと先には独立、さらに親と同居する可能性もあります。長く利用するマイホームですから、家族の将来までイメージをめぐらせて計画することが大切です。

そうして固めたマイホームのプランを業者に伝える時には、希望に優先順位をつけ、簡潔にまとめておくと良いでしょう。インテリア雑誌でイメージに近い部屋や、壁のテクスチャー、気に入った水回り例を切りぬいて説明に利用すると、イメージを伝えやすくなります。

情報を積極的に集めてプランを具体化

具体的な情報を短期間で集めるには、インターネットが有効ですが、ネット情報だけに頼らず、幅広いソースから知識を得るようにしたいものです。

ネットには有益な情報がたくさんありますが、誤解を与えかねない情報も含まれています。

業者のホームページでは、各社の考え方、つまり「どのような思いを抱いて家づくりに取り組んでいるか」がハッキリと伝わるかどうかを読み取りましょう。会社規模、施工事例、サイトの見た目も気になりますが、地域の方々や施主に対してどのように向き合っているかをチェックすることが肝心です。

より積極的に情報を得たい方は、NPOやカルチャー教室で開催される住宅セミナーを受講すると良いでしょう。快適に生活するための生活動線や家相など、本やネットの情報だけでは把握しにくい家づくりのコツを、詳しく学ぶことができます。現役の業者さんが講師だと、なかなか聞けないライブな情報が得られるので、特にお勧めです。

ページTOPへ