口コミで評判の注文住宅業者@東大阪
理想のマイホームを東大阪で手に入れるための注文住宅業者ガイド
HOME » 注文住宅購入の基礎知識 » 坪単価トリックを見極める

坪単価トリックを見極める

注文住宅購入の際に、購入価格の参考となるのが坪単価。しかし、この坪単価を安く見せるトリックはいくつもあるのです。 ここでは、そんな坪単価にまつわるトリックをいくつか紹介します。トリックを見極めて、坪単価を賢く使いましょう。

そもそも注文住宅の坪単価とは?

坪単価とは、注文住宅を建てるのにかかる1坪あたりの建築費用のことです。これは実際の費用ではなく、あくまで建築にかかる総費用を見積もるために使われる、いわば目安のようなものです。

坪単価は一般に、建物の本体価格を述べ床面積で割って算出します。しかし、この計算方法には明確なルールがあるわけではないので、各ハウスメーカーや工務店によって様々な方法で算出されています。

つまり、計算方法によって、坪単価を安く見せることが可能となってしまっているのです。 このように、坪単価というのは元々あまり信頼性のない値であることから、最近ではホームページなどに坪単価を掲載していないハウスメーカーも増えてきています。こういった会社はむしろ親切であるといっていいでしょう。

坪単価はあくまで目安としてとらえ、目先の安さに惑わされずに、賢く利用するようにしましょう

トリックその1:施工床面積で計算されている

通常、注文住宅の坪単価は、建物の本体価格を「述べ床面積」で割って算出します。しかしこれを「施工床面積」で割れば、坪単価を安く見せることが可能なのです。

「述べ床面積」とは、壁に囲まれ、外部と隔てられた建物内部の床の面積を全て合わせた面積のことです。このため、この面積にはベランダやロフト、玄関などは一切含まれません。一方、実際に工事した部分の面積である「施工床面積」にはこれらが含まれるので、延べ床面積に比べて施工床面積のが大きくなります。

このため、「述べ床面積」の代わりに「施工床面積」を使った方が坪単価は安くなるのです。ハウスメーカーが坪単価を提示してきたら、どちらの面積で計算しているか確認するようにしましょう。

トリックその2:メーターモジュールで設計

こちらも、少しでも大きな床面積で割ることで、注文住宅の坪単価を安く見せる方法のひとつです。

一般的に、日本の建築業界では長さの単位として「尺」が用いられることが多いです。しかし、最近では「メートル」を長さの単位とするメーターモジュールを採用する会社も増えてきているそうです。この結果、同じ間取りでも面積が異なるという問題が生じています。

1尺は約910mm、1メートルは1000mmですから、同じ間取りでもメーターモジュールを使って設計したが当然面積も大きくなるのです。このため、ローコスト系のハウスメーカーなどでは、少しでも床面積を広くして、坪単価を安くするために、このメーターモジュールが使われています。

トリックその3:本体価格の範囲があいまい

注文住宅の坪単価の計算には、建築本体価格が使われます。しかし、どこまでを本体価格に含むのかという明確な基準は決まっていないので、本体価格の定義次第で、坪単価を安く見せることが可能です

ある会社の建築本体価格には、照明器具やエアコンといった設備費用が含まれていても、また別の会社にはそれらが一切含まれていないという場合があります。

同じ間取りでも後者の方が坪単価を安く見せることができるのです。 また、そもそも本体価格には電気やガス、水道といったライフラインの工事や、駐車場などの屋外設備費用は含まれないことがほとんどです。

このことからも、安易に坪単価だけで総費用を見積もるのは危険ということがいえるでしょう。

ページTOPへ