口コミで評判の注文住宅業者@東大阪
理想のマイホームを東大阪で手に入れるための注文住宅業者ガイド
HOME » 注文住宅購入の基礎知識 » マイホーム完成までのプロセス

マイホーム完成までのプロセス

注文住宅は大きく分けて、「計画」「契約」「工事」という3つのプロセスを経て完成します。まずはマイホームができるまでの流れを知っておきましょう。

注文住宅ができるまで

計画段階

どんな家を建てたいかを固める段階です。間取りや設備など、家族一人ひとりの希望を聞き取って話し合い、具体的な計画をまとめます。資金計画は、冷静かつ現実的に考えて、無理のない予算を立てることが肝心です。

また、土地探しも計画段階に行います。ここで注意したいのは、原則として住宅ローンは建築する「家」に対して融資されるので、土地の購入だけでは組めない場合があるということ。

土地探しと建築会社探しを同時に進めていけば、いい場所が見つかったときスムーズに建築を進められますし、購入に必要なローン手続きで焦ることもありません。土地が建築に適しているか、敷地・地盤調査も行います。

建築を依頼する会社を絞り込むための情報は、インターネットや住宅情報誌、家づくりの書籍などいろいろあります。資料をもとに、候補に挙げた数社から見積もり・プラン提案を依頼し、最終的にお願いする会社を決めます。

契約段階

金融機関への融資申し込みを行いつつ、依頼を決めた建築会社との間で設計プラン・予算・期間などを踏まえた話し合いをします。耐震性などの性能を指定できる「住宅性能表示制度」を利用する場合は、ここで業者に伝えます。そして具体的な図面・諸費用他を含む工事総額を決め、問題がなければ正式に工事請負契約を結びます。

建物を建築するには、建築確認申請書類を役所か指定確認検査機関に提出します。なお、手続きは依頼した建築会社が代行してくれます。着手金を建築会社に支払い、いよいよ着工です。

工事段階

契約が完了すると、住宅の工事が始まります。自治体によっては、この段階で役所や指定確認検査機関による中間検査が行われる場合があります。

やがて工事が全て終わり「竣工」を迎えます。施主が立ち会って竣工の検査を行い、修正箇所があれば指摘。修正後、役所の完了検査ののち、保証書等の書類と、鍵を受け取ります。登記の手続きが完了すれば、念願のマイホーム生活がスタートです。

ページTOPへ