口コミで評判の注文住宅業者@東大阪
理想のマイホームを東大阪で手に入れるための注文住宅業者ガイド
HOME » モノづくりの街・東大阪市の住みやすさを調査

モノづくりの街・東大阪市の住みやすさを調査

東大阪市の住みやすさをリサーチ

大阪の東部に位置する東大阪市は、人口約502,000人と、大阪府の中でも3番目に人口の多い都市です。花園ラグビー場があることで知られており、ラグビーをやっている人にとっては憧れの地と言えるほどです。

工場が非常に多く、ひとつひとつが独立して高い技術力を持っていることから、市として横のネットワークを強化することで、より質の高い製品づくりを推進しており、国内でも「モノづくりのまち」として高い評価を得ています。

市内に4つの大学(短期大学)があり、「学生のまち」とも言われている東大阪市は、交通アクセスが非常に良く、どこに行くにも便利なことから人気の高いエリアとなっています。

アクセス抜群のくらしやすさ

東大阪市には、鉄道駅が25ヶ所も設置されており、荒本から難波や梅田へは約25分、新大阪や奈良へは約30分、神戸三宮や京都へは約60分で到着します。

また、高速道路も整備されており、近畿自動車道の出入口もあります。そのため、関西国際空港へはリムジンバスで、約55分で着いてしまいます。もちろん、車で大阪市内や京都、神戸、奈良などへも出やすく、非常に交通の便が良いと言えます。

さらに、これからもっと整備予定で、新駅が設置され、モノレールも延伸予定だそうなので、ますますアクセスの良い街になりそうです。

スポーツ・ラグビーのまち

東大阪市が「ラグビーのまち」と言われるのは、花園ラグビー場があるからです。花園ラグビー場は、昭和4年に初となるラグビー専用のグラウンドとして作られました。

毎年12月末から1月は、花園ラグビー場で全国高等学校ラグビーフットボール大会が開催されています。ラグビーをやる人にとって、憧れの地になっているのです。

そして、ラグビーワールドカップが2019年に開催されるのですが、それが花園ラグビー場で開催されるのです!そのため、今最も盛り上がっているエリアと言えます。

モノづくりのまち

モノづくりのまちと言われている東大阪市にある事業所数は、なんと6,321もあります(平成26年時点)。工場数は全国で5位という多さ。工場密度で見ると、全国1位となっています。

全体の9割程度が、従業員が20人未満の中小企業のようですが、東大阪市では縦のつながりではなく、横のつながりを重視しているため、ひとつひとつの企業の技術が非常に高いと評価を得ています。

幅広いジャンルのさまざまな製品が作られていることもあり、東大阪は「なんでもつくれる」「なんでもそろう」と国内だけでなく国外からも高い評価を得ているのです。

学生のまち

東大阪市には、大阪樟蔭女子大学、大阪商業大学、近畿大学、東大阪大学(短期大学)という4つの大学があるため、非常に学生が多い街として知られています。

平成8年には、東大阪市大学連絡協議会を設立。これは、市と各学校が連携して一緒に発展することを目的として立ち上げられました。その後、大学と行政の環は東大阪市だけにとどまらず、八尾市の大阪経済法科大学と大東市の大阪産業大学も参加しています。

これにより、大学が持っている人的・知的資源を東大阪市の魅力につなげることを目指しています。

東大阪の行政サービス

東大阪市では、出産支援が充実しているうえに、地域で行う子育てを推進していて、サポートもしっかりしていることから、安心して子育てできる環境が整っています。

医療費に関しても、一部自己負担金を支払うだけで済みますし、入院時のサポートもありますので、少ない負担での子育てが可能となります。

詳しいサービスセンターの情報も一覧で紹介しています。

東大阪の治安

東大阪市が目指しているのは「犯罪のない住みやすいまち」。そのために行政と警察が連携をとり、さまざまな意見交換や情報交換を行っています。

また、災害が起こったときの対策も考えられており、洪水・土砂災害ハザードマップでは、具体的に災害の恐怖や準備、身を守るためのポイント、避難所一覧などをまとめています。

実際に住んでいる人の治安に関する口コミも参考にしてくださいね。

東大阪の公園

東大阪市には、大小さまざまな公園がたくさんあります。その中でも、花園中央公園は、花園ラグビー場のそばにあり、巨大な遊具がたくさんあるうえ、室内スポットや芝生広場などもあり、大人も子どもも楽しむことができるため、大変人気のスポットとなっています。

ほかにも、東大阪市にある人気の公園を紹介しています。

東大阪の学校

東大阪市には、幼稚園・小学校・中学校ともにたくさんあります。幼稚園は多少遠くても自分で選べますが、小学校・中学校は校区が決まっていますから、そちらを重視して地域を絞ると良いかと思います。

小学校は52校、中学校は25校あります。小学校と中学校が連携をとっているところもたくさんあり、学校によって個性がありますから、よく調べてからエリアを決めましょう。

東大阪の不動産事情

東大阪市と大阪府全体の平均を比較すると、賃料に関しては東大阪市のほうが安い傾向にあります(どの間取りをとっても)。しかし、地価に注目すると東大阪市は大阪府平均の地価より高くなります。つまり、賃貸で住むにも、戸建てを買って住むにもおすすめの場所と言えます。

実際に住んでいる東大阪住民の口コミも紹介していますので、あわせて参考にしてみてください。

ページTOPへ